最近読んだ本 2010/02/21
「荀子」人生で学ぶべきこと※我が心の師:著:竹村健一

荀子は「性悪説」で有名な人で中国思想な分類で言うと儒家の人
弟子の韓非子が法家の祖となってるのでもまた有名な思想家なんですが
そう言えば韓非子は色々読んだけど御師匠様の荀子って読んだ事が無かったなーっと思った買った次第。
読んだ感想は ウーン…「荀子」の思想と言うか

「荀子の思想を元に竹村健一はこう考える」

みたいな内容になってていや別にあんたの思想に興味は無いんだけどなーってのが率直な感想
どーも数百~数千を生きてきた思想そのものには興味があるんだけど
「それを知って僕はこう思います!」みたいなのにはまだ興味が持てないレベルなんだよなぁっと再確認。
とりあえず荀子の思想に付いてはぼんやりとしか解りませんでしたが…


秀吉の接待:著:二木謙一

毛利輝元の上洛日記を題材にした本で当時の武家・公家の風俗がわかって個人的に面白かった一冊
まぁー純粋に今みたいに新幹線も飛行機も無い時代に
安芸から大阪→京都まで移動するのも大変だったってのも感じられるし
移動は移動で大変だったが着いたら着いたで多種多様な人物へ挨拶周りに
今度はその挨拶の御礼参りっとマジで1ヶ月半休む暇が無かったんじゃないかと思えた…
昨晩遅くまで酒宴したと思ったら太閤様から朝会(早朝に行う茶会)の御誘いで5時起きとか
今も昔も組織のTopってのは忙しいもんだなぁっと痛感出来ます
全然この本のテーマとは関係無いけど個人的にどうなんだろう?っと思ったのは
昔の人はどーやって時間に正確に行動したんだろう?
よくお寺の鐘が時間を教えてって聞くor見ますがその鐘突いてるのもお坊さんなんで
そのお坊さんはどーやって時間を把握したんだろう?
晴れの日は太陽の動きで頑張ろうと思えば頑張れるけど雨とか曇りとかもー厳しいしなぁ…
まぁそこまでの時間の正確さを求める時代じゃなかったにしても
電話も何も無い時代に数多の人が動いて色んな行事をこなして行くってのが個人的に興味深いとこなのです…
by Ihagane | 2010-02-21 16:11 | 徒然

PSO2:ship8にてぬるーく遊んでます
by Ihagane
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログパーツ
ブログジャンル
ゲーム
画像一覧