妄想EP1:羊は薔薇の香りで夢から覚める
はい、こんばんはーこんばんはー
っとそんな訳でかなーり前から妄想してた妄想EPさんを
さらに前後半でUpなのです。
オリジナルキャラや設定は以下参照でお願いしますのです。

自分のTwitterを整理整理。

では、レオンの活躍によりDF【敗者】は撃退され、
それに伴って虚空機関が解体されて常軌を逸するメリーの研究は破却。
養父となったヴォルフと大喧嘩の末に家出をしたところからはじまりはじまりー。



~ 妄想EP1:羊は薔薇の香りで夢から覚める ~

カトリは憂鬱だった。とてもとても憂鬱だった。
いや、バウンサーの先行試験官となってから常時憂鬱だと言っても過言では無かった。
何故なら、先行試験官と言う肩書付きなら気軽に楽しくアークスライフを送れると思っていた甘い夢が、
カトリ「毎日毎日毎日特訓特訓特訓…本当にサガさんの頭の中には特訓しかないのかしら…。」
パートナーとなったサガの猛烈な特訓漬けで即座に砕けたからであった。
ブツブツと不満を言いながら歩く後ろでサガが言う。
サガ「カトリ、それだけ元気ならもう少しメニューを組み直そうか?」
カトリ「 いやいやいやいや!ぜんぜん!全くもって!全くもって結構ですわ!」

今日は飛翔剣の故障を言い訳にシティへ帰還し、
なしくずし的に中止になるとの淡い期待だったが、続行の流れは今や確実である。
カトリ(このままでは特訓が始まってしまいますわ…。)
その時ビルの隙間で倒れ込む人影が入り込む。
カトリ(これはチャンスかも知れませんわ!)
カトリ「サガさん!サガさん!あそこを見て下さい!人が倒れていますわ!」
サガ「錯覚だ。」
カトリ「即座に否定!?」
サガ「私がよそ見した隙に逃げようとするのはこれで45回目だな。」
もちろんサガがその浅はかな策を読み、捕獲した回数は44回である。
サガが腕を組み、得意の説教が始まる前にカトリは走り出していた。
カトリ「ちがいますー!ちーがーいーまーすー!今回は本当なんです!」
カトリ「サガさん早く!早く来て下さいな!」
サガ「む?今回は本当のようだな、今行く。」

カトリは倒れ込むメリーを優しく抱き抱え、泥まみれの顔をハンカチで拭った。
それを横目に簡易メディカルキットを展開しながらサガは言う。
サガ「カトリ、メディカルチェック完了前の接触行為は望ましいとは言えないな。」
カトリはキッと普段とは違う真面目な顔付きでサガを睨む。
カトリ「サガさん、それ本気で仰っているのですか?本気なら私、サガさんの事、軽蔑します。」
カトリ「アークスは戦うだけが存在意義ではありません!市民の安全を守るのも大事な大事な使命ですわ。」
サガ「…そうだな、カトリが正しい。先の発言は撤回する。」
サガ(これは何時もとは違う…な。)

ピーッ。
メディカルチェックが完了し、その結果を確認し、
サガ「カトリ、意識は微弱だが各種バイタルに異常は無い。メディカルセンターの車両も来た。搬送を急ごう。」
カトリ「了解ですわ。」
そして、二人はメリーと共にメディカルセンターからの緊急車両へ乗った。

少しだけ揺れる車内。
聞き取れない程のか細い声でうなされるメリーを膝に寝かし、
カトリは優しい声で「もう大丈夫。」と囁きながら介抱を続けていた。

メリー「いい…香り…。」
一言だけ発するとまた意識を失った。

~続く。



っと後半へ続きます。なんとなーく書き切りたい衝動でこんな時間にupですが
今日も仕事ですよHAHAHA
後半でメリーの妄執をカトリの明るさと優しさと少し?の打算で
払拭していくーってのを紡いで行きたいと思っておりますsir


□お友達紹介System for Ihagane
Ship:08:ウィン
プレイヤーID:10651063

□Position team:unknown ones
意味的には俗な表現で「未知のモノ」
気ままに楽しく遊べればいいかなー?
ってぐらいなぬるーい雰囲気で遊んでますよ!
ソロじゃ寂しいなーって感じて来た人とか一緒に遊びませんか!
ひっそりとチームメンバー募集中なのです

□PSO2 Blog Ranking

↑Clickして頂けると更新意欲がUp致します
by Ihagane | 2016-03-29 04:41 | PSO2

PSO2:ship8にてぬるーく遊んでます
by Ihagane
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログパーツ
ブログジャンル
ゲーム
画像一覧