蔵書
【信長の戦い1】桶狭間・信長の「奇襲神話」は嘘だった:著:藤本正行
織田信長のマネー革命 経済戦争としての戦国時代:著:武田和弘
織田信長合戦全録:著:谷口克広
信長軍の司令官:著:谷口克広
信長と消えた家臣たち:著:谷口克広
信長の天下所司代:著:谷口克広
信長の親衛隊:著:谷口克広
信長と十字架:著:立花京子
だれが信長を殺したのか:著:桐野作人
秀吉神話を覆す:著:藤田達生
秀吉の接待:著:二木謙一
徳川家康の詰め将棋 大坂城包囲網:著:安部龍太郎
武田信玄と勝頼:著:鴨川達夫
真田三代 幸綱・昌幸・信繁の史実に迫る:著:平山優
明智光秀 つくられた「謀反人」:著:小和田哲男
石田三成 「初の参謀」の実像:著:小和田哲男
山内一豊 負け組からの立春出世学:著:小和田哲男
戦国合戦・15のウラ物語:著:河合敦
戦国武将「できる男」の意外な結末:著:日本博学倶楽部
戦国武将のゴシップ記事:著:鈴木眞哉
戦国武将の「政治力」:著:瀧澤中
戦国時代の大誤解:著:鈴木眞哉
戦国軍師の知略:著:中江克己
戦国軍師入門:著:榎本秋
戦国の合戦:著:小山田哲男
戦国の群像:著:小山田哲男
戦国の城:著:小山田哲男
戦国の食術 -勝つための食の極意:著:永山久夫
<負け組>の戦国史:著:鈴木眞哉
戦国軍事史への挑戦 疑問だらけの戦国合戦像:著:鈴木眞哉
地形で読みとく合戦史:著:谷口研語
刀と首取り 戦国合戦異説:著:鈴木眞哉
幕末単身赴任 下級武士の食日記:著:青木直己
歴史を「本当」に動かした戦国武将:著:松平定知
日本刀 日本の技と美と魂:著:小笠原信夫
家紋に残された戦国武将の五つの謎:著:武光誠
源義経:著:五味文彦

アラブの格言:著:曽野綾子
悪魔の話:著:池内紀
イスラムの怒り:著:内藤正典
イスラームとは何か:著:小林泰
イスラム過激原理主義:著:藤原和彦
地図とあらすじでわかる!聖書:監修:鈴木弘毅
天使:著:真野達也
堕天使:著:真野達也
キリスト教文化の常識:著:石黒マリーローズ
キリスト教2000年の謎:著:小坂井澄
キリスト教の人生論:著:桑田秀延
何故宗教は平和を妨げるのか:著:町田宗鳳
荒野の宗教・緑野の宗教:著:久保田展弘
十字軍の思想:著:山内進
世界の宗教問題の基本:著:保坂俊司
まんが パレスチナ問題:著:山井教雄
「黙示録」を読みとく:著:森秀樹
魔女と聖女 ヨーロッパ中・近世の女たち:著:池上俊一
中世神話:著:山本ひろ子
日本人が知らなかったイスラム教 強者をくじくアラブとその力と行動の論理:著:佐々木良昭
イスラームの世界地図:編:21世紀研究会
バチカン-ローマ法王は、いま:著:郷富佐子
日本の神話・伝説を読む-声から文字へ:著:佐佐木隆
<中東>の考え方:著:酒井啓子

アーサー王伝説紀行:著:加藤恭子
イギリス大王室物語:著:小林章夫
エピソードで読む西洋哲学史:著:堀川哲
ジャンヌ・ダルク:著:村松剛
ジャンヌ・ダルク:著:高山一彦
ジャンヌ・ダルクと蓮如:著:大島暢順
ハプスブルク家:著:江村洋
ロスチャイルド家 ユダヤ国際財閥の興亡:著:横山三四郎
ヒトラーとユダヤ人:著:大澤武男
ユダヤ人とドイツ:著:大澤武男
ユダヤ人とローマ帝国:著:大澤武男
ユダヤ人:著:上田和夫
イラクとパレスチナ アメリカの戦略:著:田中宇
ローマは何故滅んだのか:著:弓削達
傭兵の二千年史:著:菊池良生
英仏百年戦争:著:佐藤賢一
処刑執行人サンソン-国王ルイ十六世の首を刎ねた男:著:安達正勝
物語 スイスの歴史 知恵ある孤高の小国:著:森田安一
ケルト神話と中世騎士物語 「他界」への旅と冒険:著:田中仁彦

韓非子:著:冨谷至
真実の三国志:著:大澤良貴
中国人の知恵:著:諸橋轍次
中国人の宗教・道教とは何か:著:松本浩一
中国思想を考える:著:金谷治
中国の故事名言:編:和田武司 市川宏
中国の大盗賊:著:高島俊男
中国の名句・命名言:著:村上哲見
酒池肉林:著:井波律子
秦・始皇帝陵の謎:著:岳南
したたかに生き抜く悪の処世術:著:阿部幸男
「孫子」を読む:著:浅野裕一
兵法 項羽と劉邦:著:大橋武夫
「荀子」人生で学ぶべきこと※我が心の師:著:竹村健一
老荘を読む:著:蜂屋邦夫
三国志辞典:著:立間祥介 丹羽隼兵
宦(かんがん)官 側近政治の構造:著:三田村泰助

「わかる」とはどういうことか:著:山島重
「おろかもの」の正義論:著:小林和之
ユダヤ人ならこう考える!:著:鳥賀陽正弘
ユングの精神分析:著:秋山さと子
反日マンガの世界:著:多数
物理学と神:著:池内了
あなたにもわかる相対性理論:著:茂木健一郎
ヨーロッパの心:著:犬養道子
ニーチェとの対話 ツァラトゥストラ私評:著:西尾幹二

ムー大陸の謎:著:金子史郎

歴史とは何か:著:岡田英弘
民族と国家:著:山内昌之
何故国家は衰亡するのか:著:中西輝正
人類は何故戦争を繰り返すのか:著:大澤正道
毒の話:著:山崎幹夫
銃に恋して 武装するアメリカ市民:著:半沢隆実
なぜ、脳は神を創ったのか?:著:苫米地英人
「世界征服」は可能か?:著:岡田斗司夫
イタリア貴族養成講座-本物のセレブレティとは何か:著:弥勒忠志

名将たちの指揮と戦略:著:松村劭
戦争の世界史:著:多数
戦争の常識:著:鍛冶俊樹
名将たちの指揮と戦略 勝つためのリーダー学:著:松村劭
砂糖の世界史:著:川北稔
世界史をつくった海賊:著:竹田いさみ
アメリカ海兵隊 非営利組織の自己改革:著:野中都次郎
核がなくならない7つの理由:著:春原剛
# by Ihagane | 2008-02-23 20:08 | 蔵書
根の国巡り
意外に知らないようですがこっそり根の国の中にイザナミ宮の大雷を含めれば
八雷神全員いるんですよねー
んでなんか伏雷撃破→火雷撃破→大雷撃破で誰か会話の変わるのがいたなー
っとか思い出して+帰宅時間が遅いんで戦闘する気にはならないんで…
不動と冬風(変なのに絡まれた時用に鎮魂歌係)でぐるぐるーっと!
ぶっちゃけ場所覚えてないから時間かかるかなーっと思ったら
めっちゃ伏雷の側にいた会話に変化がある鳴雷を発見!
ちなみにこの方は比叡山叢雲堂の奥でも伏雷の側にいます
d0152164_2311785.jpg
フーム やっぱ八雷最後の将な大雷を撃破してから
やーっとこの根の国の異変クエストの意味がわかってきたなぁっと…
どーもどの八雷も殺る気満点なオーラを発してますが
自らを試練とし自らを降す強者を求め
その強者に狂いし母の悲しき想いを一時でも安らぎに変わるならば
っと我らが壁になっていた訳でなかなかいい話じゃないかね…っと思えてきた訳ですが
d0152164_231729.jpg

d0152164_23171746.jpg
っとか若雷なんか選択肢も無しに襲い掛かってくるんで
大雷と鳴雷以外ちょっと殺る気出しすぎじゃないですか…?


-おまけ- 八雷分布

大雷 イザナミ宮深部
火雷 根の国最奥
黒雷 根の国入口
析雷 根の国深部 影が黄泉比良坂最奥
若雷 根の国深部 影が千引の大穴中腹
土雷 根の国深部 影が富士山湖底洞窟最奥
鳴雷 根の国深部 影が比叡山叢雲堂
伏雷 根の国中腹 影が比叡山叢雲堂

さらにイザナミの屍骸から生じた場所は↓

大雷 頭
火雷 胸
黒雷 腹
析雷 陰部
若雷 左手
土雷 右手
鳴雷 左足
伏雷 右足

って影がいるシリーズっと根の国の門番系になってるシリーズは何か意味があるんかしら…?
まぁそこまで深読みするほどもでない気がしますが…
# by Ihagane | 2008-02-19 23:34 | 徒然
↓が土曜日を表してます…
d0152164_12394091.jpg
ってな訳で大雷は撃破した訳ですが迦楼羅はそろそろ50敗ぐらい記録しそうです…
ウーン 真面目に迦楼羅は強すぎると思うんだが…
まぁちょっと大雷とイザナミに付いて前と前の更新で書いてあるんでそっち参照で…
迦楼羅についてはまた撃破したら詳細書こうかなーっとって何時になるのかorz

d0152164_1242391.jpg
# by Ihagane | 2008-02-17 12:49 | 徒然
伊邪那美 不動敗北
二千年の絶望を食み、その愛故に全ての生者を滅さんと欲す日の本の母神
d0152164_1213461.jpg
圧倒的にデカ過ぎて全体入りきらないんでカット版
戦闘前会話↓
d0152164_12362.jpg
そして戦闘開始時↓
d0152164_1241525.jpg
そして最後に構成↓
d0152164_125894.jpg
っと淡白にSS貼り付けてすませてるのも
流石飛龍の章最後のボスってだけあってテラ強いデス
破天装備全開なこちらの戦力を一蹴する戦力でした…イザナミだけ。
そんな訳で編成は大雷した時と同じなので割愛
イザナミ側の構成は↓

イザナミ
最強にして最速の魔の祝福・参使い…
ちょっと過保護じゃないですか?ってぐらいに魔の祝福・参を連打する我らがマザー
そして物理ダメージは叩き割り・で怒り→極みの不動が即死
初めて生命4419晒して死にました…マジで武士じゃないとこいつの維持は無理
叩き割り・極とか武士さんの全生命+全気合が無くなってましたもの…

黄泉の楔 黒牛鬼
何故こいつがマザーの御供に選ばれたのか謎なぐらい弱い子
マザー戦は下手に鍛冶が守護実装してると叩き割りで即死するんで
守護抜いてマザー以外は釣って対応なんですが
こいつの攻撃は後衛に抜けても1000行かないぐらい
しかもほぼ子守で100%寝てたりとかマジで何しにここにいるの?って子

黄泉醜女 大雷のと同じ
大雷戦とはまた一回り強化されてる模様
っとは言えもう特に言うことが無いので割愛

常世神 土蜘蛛
きっとこいつは前世で鍛冶に恨みがあるんじゃないかと思うぐらいに消し技能のオンパレード
防御呪詛に霧散に呪いの針に奪付与とか止めて頂きたい…
この子も完全回復持ってるがマザーの祝福のが速いんであんまし意味が無いノ-T)

黄泉の澱み 牛鬼
これまた大雷と同じであんま個性無し
んでも楔がテラヘタレなんでこいつが無駄に痛く感じる


ってーな感じでマザーも5体系のボスなんで各々が猛者なのか?っと言われると
威鋼的主観を参考ですが2-5はまぁ如何にかなるってかそんな強力な感じはしなかった
がそれを補って余りあるマザーの超戦力。
抜けたら即死 守護しても即死 滅却の上だと生気1にして頂けると
流石日本国民全ての母である…古今東西母に敵うもの無しと言うが
まさにそれを具現化したような戦力でした…
でもなー?やっぱ5体系ボスなんでも少し戦術練れば勝てるんじゃないかーって気はしました!
とりあえずマザー戦はそんなフル耐久装備じゃなくて魅力重視で行った方がいいなぁっと…
極み1枚でも2-5はあんま痛くないんでマザーを暗殺さんの1s混ぜで武士さんに任せて
残りを不動ががっしり抑えてられたらこれ別に盾2でも勝てなくは無いんじゃないですかね?
マザーの一撃が痛すぎるんで完全回復の実装とか色々まだまだ戦術に練る余地は多そうですが…
# by Ihagane | 2008-02-17 12:32 | 根の国の異変
不動 大雷撃破
根の国の最奥 イザナミ宮のさらに奥に立する八雷神最後の一神
d0152164_1123689.jpg
カッコイイんですが。
って訳で無駄にサイズ調整無しでそのまんまサイズです…
かっちょええねぇ…大雷…その鎧と兜頂けません?
戦闘前セリフ↓
d0152164_11514861.jpg
撃破時↓
d0152164_11522073.jpg

ってな訳でまず大雷までの最初の壁は道程だと思われ…
ぶっちゃけ道に詳しい方がいたので手動追尾・入門で走って
数回遭難しましたがめっちゃ遠いってかターンはあるは登るは落ちるはで
こりゃちょっとちゃんと道練習しとかなかんなーって感じましたorz<スイマセン
そんな訳で大雷の編成↓
d0152164_1173447.jpg
大雷
鬼神の物理アタカ でも偶に準備術使ってきたりする謎な漢
大雷の被ダメの体感は極み重なっててで一刀両断・極で2300
四連斬で2800だったぐらいかなー?(防御785の鍛冶で)
一刀両断・弐とかだと900前後まで落ちるんですが
後衛に抜けたら即死だと思うので如何に大雷の固定を維持するかが大雷戦の要諦
ちなみに蘇生持ちは大雷のみ

宮番鬼 骨鬼(数珠持ちのやつ)
開幕なのに全体的に術使いな印象
詠唱韻・極持ちなのに完全全体回復に紅蓮とか全体回復とか準備スキー
固有技能なのか破滅の光・壱ってのをたまーに使って来ますが
効果が全体喝破+全体看破+ほんのり術ダメっと迷惑極まりない
おまけに死霊属性なので気合削りも有
生命20000ぐらい?

黄泉の澱み 牛鬼
牛である 以上。って特に大雷戦の中では印象が薄い
大雷のお供の中では痛い方なので固定対象?
ちなみに特に注意な技能も無い…

黄泉醜女 顔色が悪い+目がイってる女性
詠唱韻・極から始まって全体麻痺脱力の舞死香沈黙の霧恐怖の叫び
さらには蘇生の秘薬まで持ってたりしてておまけに怨念撃で気合を1000前後奪っていく
ハイブリッドかつハイスペックな迷惑この上ない御方
生命30000ぐらい?硬くは無い雰囲気でしたがタフ

猜疑 骨鬼(数珠無い方)
物理アタカかと思いきや死の叫び恐怖の叫びと叫びたい症候群な骨
こいつも物理が痛いので釣り候補
おまけに怨霊撃使いなのでこいつも気合1000ぐらい奪ってきます…

晦冥士 骨鬼(陰陽師の服着てるの)
煉獄 吹雪 竜巻 万雷と結界しか見なかったような…
よーは準備術オンリーな方なんで一度止められて気合無くなると一気に静かになる
生命15000ぐらい?

黄泉醜女 上と同じ
上と同じ


以上、大雷の構成ですがやってみて思ったのは極みの維持が大変…
大雷と澱み以外全部気合削り持ち+一撃で1000ぐらい持ってかれるんで
そこらへんを考慮しないとあっちゅー間に壊滅もありえるんじゃないかと?
撃破時の編成は↓

武士 武芸 刀 暗殺 雅楽 医術 神通

ってな感じで2戦1勝1敗でしたー
1戦目の敗因は不動じゃ大雷の固定維持は無理でしたorz
な訳で大雷の固定を維持できずに一刀両断・極が旗に直撃で終(-人-)了
2戦目は大雷をメイン武士さんで余裕なかったら不動も大雷釣りに行くって感じで
怒号・改も混ぜながらーって雰囲気
倒した順番は5→2→3→6→4→7→4(秘薬で復活)→1だったかなー?
終わってみれば破天な昨今ではきちんと戦術練ってけばそれほどでもないなー
って感じましたね!
全体的に気合削りが酷い+恐怖の叫び持ちが3匹ってとこを注意か?
とりあえず雅楽さんの継続の唄に何度助けられた事か…
マジで気合持ちません…

最後におまけに撃破後の大雷との会話↓
d0152164_11541921.jpg
無駄に会話もカッコいいな…大雷…
悲しき二千年の絶望を断ち切るが為、長い道程の果てに
最後にして最強の神との戦いに進む訳です…
# by Ihagane | 2008-02-17 11:51 | 根の国の異変
  

PSO2:ship8にてぬるーく遊んでます
by Ihagane
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログパーツ
ブログジャンル
ゲーム
画像一覧